どんな質問にもていねいに答えます

このエントリーをはてなブックマークに追加

ひとりひとりのレベル

いいとこどり

かつて、「勉強させるなら塾か家庭教師か」という議論がありましたが、現在の大阪にある塾を見てみると、そのような二項対立はもはやほとんど成り立たないということを、理解することが出来るでしょう。
なぜなら、特に現代の大阪の塾は、それまでに持っていた良いところを活かしつつ、かつてよく比べられていた「家庭教師」のいいところも、取り入れているからです。

昔、大阪の子どもたちが塾に行ったり家庭教師をつけたりとバラバラな勉強方法をしていたのは、たとえば塾についていけない子どもや、家庭教師に馴染めない子どもがいたからです。
完璧な1対1の家庭教師だと、となりに自分と同じように切磋琢磨できる仲間がいないことがイマイチやる気を呼び起こさず、塾の場合にはみんなが一緒であることで一度つまずくと置いていかれてしまい、ついていけないという場合があったのです。

個別に指導する塾

大阪の学習塾の中でも、特に「個別指導」という形で子どもに学習指導をするところが、上に挙げた「いいとこどり」をしている塾だと言えます。
この型を採用しているところなら、家で家庭教師とマンツーマンになるわけではなく、みんなで一緒の塾に行くわけですから、切磋琢磨し合える仲間を見つけることが出来ます。
そして、それとは逆に、実際の勉強自体は講師と1対1で行うというのが基本なので、それによって置いていかれてしまうということもなくなるのです。

大阪にある小中高の学校でのさまざまな取り組みの基本となっている考え方も同じですが、現在では、子どもを集団でまとめてひとつと見るのではなく、1人ひとりに向き合うという方針が取られるのが当たり前となっているのです。