どんな質問にもていねいに答えます

このエントリーをはてなブックマークに追加

ひとりひとりのレベル

大阪にある最先端の学習塾が基本とするのは、そこで学ぶ子どもたち1人ひとりのレベルに合わせた学習指導が行われるということ。入塾したすべての子どもたちが目標を達成できるというシステムが、確立されています。

Read More

塾を選ぶ

大阪にある塾の数は、たくさん。その中からひとつを選ぶ必要がありますが、そのために親切な教室見学や体験入学のサービスを提供しているところもあります。じっくり考えて、体感して、選べるようになっているのです。

Read More

子どもたちの安全

大阪の児童や生徒の安全を守ること。これもまた、塾の役割のひとつとなっています。安心して勉強し、目標を目指すような過ごし方が出来るようにすること。そういう場にすることが、使命のひとつなのです。

Read More

塾で進路相談

大阪の塾の中には、単に勉強を教えるだけでなく、その先の「進路」を具体的に見据え、綿密な指導を行うことを旨としているところもあります。進路希望に合わせて、じっくりと勉強していけるのです。

Read More

塾で学ぶこと

学校と塾

「学校に通っとけばOK」というのもひとつの考え方ではありますが、「学校に塾をプラスする」という考え方も、同時に存在します。
特に、最近は「高学歴化」が進んでいて、大学への進学率もひと頃に比べればだいぶ高くなっています。日本全国規模だけでなく、大阪などの都道府県ごとに見てみても、その率が高くなっていることは明らかです。
それに合わせて、大阪の子どもたちが学校だけではなく、塾に通うというパターンも増えているのです。

高学歴化の他にも、上に書いたような最近の傾向の理由となることはあります。それはひとえに、塾の質が昔に比べても高いレベルに達したことです。
ひと昔前の印象では、塾というのは「とりあえず知識をつめ込む系」の勉強をするところだという認識されるきらいもあったのですが、最近ではもっときめ細かな学習指導の方法が確立されているのです。

流行は個別指導型

「塾」には、今も昔も大きく分けて2つのパターンがあり、それぞれ教室指導型と個別指導型とも呼ぶべきものとなっています。
前者は、小中高の諸学校と同じように、教室があって、机と椅子が並んでいて、そこに子どもたちが並んで席について、講師が黒板を前に教えているという風景が見られるタイプのもの。
それに対して、最近はやっているのが後者のパターンで、これは文字通り塾の講師と生徒が1対1の時間を持ち、その中で勉強を教えるというタイプのやり方です。
子どもたち1人ひとりに対して、より濃密な学習の時間を与えることが出来るという点が、このタイプが評価されている理由と言えます。大阪にも、このタイプの学習塾が増えているのです。

小学生から高校生まで

大阪にある現代の塾がカバーする「子どもたち」は、小学校の児童から高校の生徒まで、全学年にわたっているというのが一般的です。それぞれの目標を目指して、それぞれのコンセプトのもとで学習指導が行われています。

Read More

Menu